AGAの症状と原因について

薄毛治療を行う前に、まずは髪が抜けたり生えにくくなったりする原因を知ることは大切です。原因を理解してこそ効果的な治療が行えます。

また、AGAの症状についても確認しておくといいでしょう。基本的なことを押さえておけば、自分に合う治療薬を探すのが楽になりますよ。

AGAってどんな症状?

抜け毛のイメージ図
男性特有の薄毛・抜け毛の症状をAGAといいます。日本国内にはAGAに悩む男性が約1200万人も居るとされていて、その数から分かるように、誰にでも起こり得るものです。

・髪が細くなった
・生え際が後退してきた
・抜け毛が多くなった

このような症状に心当たりがあれば、それはAGAである可能性があります。男性の薄毛や抜け毛の9割はAGAによるものだと言われているため、症状の進行を食い止めるためには専門的な対策が必要です。

AGAではない抜け毛や薄毛

髪を染める男性
男性の薄毛・抜け毛はすべてAGAというわけではありません。
例えばヘアカラーやパーマなどを繰り返し、毛髪が痛むことで起こる薄毛などはAGAではないのです。

AGAの治療にはフィンペシアなどの治療薬が有効ですが、それ以外の薄毛にはまた別のち療法が用いられます。

・入浴後に髪を乾かさない(自然乾燥させる)
・シャンプーをしっかり洗い流せていない
・ヘアワックスなどのスタイリング剤を頻繁に使用する

このような習慣があるならすぐに改善し、適度なヘアケアを心がけるといいでしょう。

AGAの原因とは

男性ホルモンの変質化
多くの男性を悩ませるAGAの原因は男性ホルモンの変異だと考えられています。

そもそも毛髪を含む体毛は一定の周期で生え変わるものです。ヘアサイクルと呼ばれるこの周期が正常であれば、薄毛になることはありません。

テストステロンという男性ホルモンは男性の体つきや毛の成長に関係する存在なのですが、5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンへと変異します。

ジヒドロテストステロンが毛乳頭に受容されると毛の成長が抑制されるため、太く長くなる前の毛が抜けてしまうのです。

このようにしてヘアサイクルが乱れ、本来であれば2~6年程度かけて生え変わるはずの毛髪が抜けてしまい、薄毛が進行していきます。

遺伝も関係する可能性アリ

身内にAGA患者が居る場合、遺伝する可能性はとても高いと言えます。

症状を引き起こす要素は主に2つ。正常な男性ホルモンを変異させる酵素5αリダクターゼと、変異後の男性ホルモンを毛乳頭で受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)です。

この2つの要素は遺伝によって受け継がれるため、いずれ症状が現れる可能性が考えられます。父方だけではなく母方からの遺伝子も影響するものです。

AGA治療に最適な薬

AGAの症状を改善するためには、男性ホルモンの変異を抑制する方法が最も効果的です。つまりテストステロンをジヒドロテストステロンへと変異させる酵素、5αリダクターゼを阻害する必要があります。

そういった効果を持つ薬はいくつかありますが、中でも人気なのはフィナステリドという有効成分を含む治療薬です。

前頭部から頭頂部にかけての薄毛はⅡ型5αリダクターゼの働きが要因だとされているのですが、フィナステリドはこの酵素の働きを阻害する効果を持っています。

テストステロンが変異せず毛乳頭に需要されれば、太く健康的な毛髪の育成に繋がり、ヘアサイクルが乱れることはありません。

フィナステリドを含む治療薬としてフィンペシアが挙げられます。通販購入が可能なので、通院せずにAGAの治療を行いたいという男性に最適です。

投稿日:

Copyright© フィンペシア通販|オススメのAGA治療薬で薄毛・抜け毛を改善! , 2019 All Rights Reserved.