フィンペシアの効果・副作用

AGA治療薬として注目されるフィンペシアですが、詳しい効果や副作用を知ってこそ安心して服用できるものですよね。

どのような作用で薄毛・抜け毛が改善されるのか。またはどのような副作用が起こり得るのか。それらの情報をまとめているので、服用を考えている方はご覧ください。

フィンペシアの効果とは

生え際を鏡で確認する男性
通販購入が可能なフィンペシアは、厚生労働省の認可を受けたAGA治療薬であるプロペシアのジェネリックです。
有効成分が同じということで信頼感も高く、プロペシアからシフトする男性も少なくありません。

有効成分であるフィナステリドは、アメリカのメルク社という製薬メーカーによって開発されました。薄毛や抜け毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制し、毛包を活性化する働きがあります。

AGAの症状を改善するだけではなく、予防効果も期待できるため、薄毛が気になってきたタイミングで服用すれば太くコシのある髪を取り戻せます。

効果を高める方法

フィンペシアの効果を最大限発揮させるためには、用法・用量をしっかり守ることが大切です。

フィンペシアは1日1回だけ服用します。1錠以上は飲まないようにしましょう。また、効果を安定させるため、可能な限り同じ時間帯に服用することをおすすめします。

生活サイクルの乱れにより昼夜が逆転している場合などは、決まった時間帯の服用が難しくなります。できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

AGA以外の薄毛には効きにくい

フィンペシアの有効成分フィナステリドは、AGAの原因となる酵素を阻害する効果を持っています。
そのためAGA以外の薄毛・抜け毛では効果が発揮されず、改善が見込めないケースが多いのです。

ホルモンバランスの乱れにより過剰分泌した皮脂が原因の脂漏性脱毛症、ストレスやアレルギー症状による円形脱毛症、または毛を作り出す毛母細胞が弱っている場合などは別の治療法を試す必要があります。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用
フィンペシアの副作用として報告されているのは、頭痛・腹痛・勃起不全・食欲不振などです。肝機能障害が現れることも考えられます。

勃起不全が起こる原因はフィナステリドの作用そのものにあります。抑制された男性ホルモンは勃起機能の低下をもたらすため、発現率は低いもののEDのような症状に陥るケースがあるのです。

肝機能障害については特に注意が必要です。元々肝疾患がある男性は服用する前に医師に相談するか、別の薬によるAGA治療をしましょう。

併用禁忌薬は?

医薬品には併用が禁止されている「併用禁忌薬」が指定されているものがありますが、フィンペシアは他の薬との併用が可能です。飲み合わせにおける注意点は特にありません。

ただし用量を超えて服用した場合、副作用が強く出てしまう恐れがあるため、1日1回1錠のルールは必ず守りましょう。

服用のタイミングは就寝前がおすすめです。夜間は成長ホルモンが分泌される時間帯であるため、育毛に効果があります。

投稿日:

Copyright© フィンペシア通販|オススメのAGA治療薬で薄毛・抜け毛を改善! , 2019 All Rights Reserved.